派遣法の改正によって変わること
派遣法の改正によって変わること

派遣社員という働き方

雇用形態のひとつに派遣社員というのがあります。「派遣元」の会社と「派遣先」の会社があり、派遣社員は社員といっても派遣元の社員です。雇用保険や社会保険なども、派遣元の会社が契約してくれます。実際に働く派遣先の職場とは雇用関係はなく、派遣元から派遣されて働いている社員という事になります。派遣社員になるには、まずは派遣元の会社の面接を受けて採用されてそこの社員となり、そして派遣先の職場を紹介してもらい、そこに派遣されて働くという事になります。紹介された職場で働く前に、その職場の社長や仕事場の上司による軽い面接のようなやり取りがある場合もあります。

通常は最初一カ月か二ヵ月くらいの期間限定で働き、その期間の働きぶりを見てから、派遣期間を延長するかどうかを職場の上司などが判断します。そのまま仕事をつづけてもOKな場合は、最後契約を更新して継続して働きます。だいたい短くて2か月、長くても半年くらいの契約期間で契約満期が来るたびに契約更新をして働くことになります。正社員のように安定した働きかたではなく、時給制でボーナスなどもありませんが、人によっては残業を沢山して正社員よりも月給を稼いでいる派遣社員もいます。

Copyright (C)2019派遣法の改正によって変わること.All rights reserved.