派遣法の改正によって変わること
派遣法の改正によって変わること

派遣社員で頑張れば正社員になれる

景気の低迷が長引き、多くの企業では経営状態の悪化が続きコスト削減の一環として多くの人員を削減するなどしてピンチをしのいできました。人件費を削ることには成功したものの、優秀な人材が会社を離れてしまいいざという時に人手不足と言ったような状態になってしまう企業も少なくありません。しかし本格的な景気回復という状態ではないために、多くの企業では正社員としての人員を増やすのではなく、目の前にある仕事をこなすために必要な派遣社員などを多く採用するようになりました。

不景気のあおりでリストラにあった人などが大量にいるために、比較的即戦力として使うことが出来る契約社員も多く、簡単な研修をするだけで戦力になることもあり、多くの企業では歓迎しています。派遣社員として働く人の中には、契約期限が切れたら仕事がなくなるので将来が不安だという人も少なくないのですが、実際に企業の側でも契約社員として働きその働きぶりを認められるような人には、契約の延長や正社員としてのオファーを出すなど、必要な人材は手放すことが出来なくなります。初めは派遣社員と言う将来が不安定な契約体制であったとしても、自分が出来る仕事を一生懸命こなしていくことで将来の道が開くチャンスも生まれるものです。

オススメサイト

Copyright (C)2019派遣法の改正によって変わること.All rights reserved.