派遣法の改正によって変わること
派遣法の改正によって変わること

機械メーカーでの派遣の仕事

最近では、給料や仕事だけを考えるのでなく、自分の自由な時間を追い求め、仕事もプライベートも充実させたいという考え方も強まってきているように思います。そういった方には、派遣社員として働くというような方法がオススメできるかもしれません。今回は、機械メーカーでの派遣としての仕事の内容にどのようなものがあるかという紹介と私の考えを書いていこうと思います。まず、やはりこういったメーカーでも、営業や技術よりもまず、募集として目につくのは事務、特に経理です。経理は、簿記などの会計的な専門性に優れた人には特に有利ですが、学ぼうと思えば、誰でも習得できるものなので、ぜひやってみたいという方にはチャレンジして頂きたいですね。また、知識がないという方でも大丈夫という会社もあります。

その業務の内容は、売掛金・手形消込、銀行残高確認、旅費精算、振込処理、小口現金管理、仕訳入力、支払手形発行などといった簿記の専門性が高い仕事が主となってくるようです。ですので、やはりこういった職種での募集では、日商簿記の3級以上をお持ちの方やそれと同等にスキルがある人が歓迎されてくるようですね。持ってない方でも、3級程度なら、努力すれば誰でも習得できるので、ぜひチャレンジしてみてください。

Copyright (C)2019派遣法の改正によって変わること.All rights reserved.