派遣法の改正によって変わること
派遣法の改正によって変わること

財団法人での派遣のお仕事

最近では、高い給料や昇進をがつがつと目指す、仕事を生活の中心に考える人ばかりではなく、仕事とプライベートの両立、いわゆる、ワークライフバランスを大事に考える人も多くなってきているように思います。外国ではこのような若い世代の人々を支援する国も多くあり、日本ではまだまだ、この若い世代への可能性を消してしまっているように思えますね。もしかしたら、思い切った若い世代への支援をしていくと、自由な発想から、経済や新しい文化が発展していくかもしれません。さて、今回は、財団法人での派遣のお仕事がどのような業務内容かという話です。その業務内容は、基本的な電話応対、専用端末への入力や、報告書などの作成、書類チェック・ファイリング、さらに財団法人のイメージである窓口受付の業務も任されてくるようです。

このような多くの会社では、初めはバックヤードで事務処理を行いながら、仕事に慣れてこれば、クライアントから書類受け取り・チェックを行うという窓口業務もまかされてくるようになるようです。また、会社によっては残業も少なめなので、プライベートとの両立もバッチリといったワークライフバランスをウリにしている会社も多くあるので探してみてください。

Copyright (C)2019派遣法の改正によって変わること.All rights reserved.