派遣法の改正によって変わること
派遣法の改正によって変わること

マスコミ業界での派遣のお仕事

仕事に求めるものは人それぞれで、正社員で、会社での地位をどんどん上げ、昇進したいなどの考え方の人もいれば、給料や地位よりも仕事とプライベートの両立を優先させたいといった考え方の人もいます。後者のような方には、派遣社員や、契約社員として働くというのもオススメできるのではないでしょうか。欧米では、高校を出て、すぐに進学せずにやりたいことをやるなど、のびのびと人生を楽しむ若者が多く、それを支援する国もあります。人生は1度しかないので、人がこうだから〜、一般的にこうだから〜といった理由で、仕事を決めてしまうということは少しばかりもったいないことかもしれませんね。さて、そんな中で、今回はマスコミ業界での派遣のお仕事がどのようなものかという紹介です。例えば、広告代理店でのお仕事は、部署ごとのアシスタント的な業務になってくるでしょう。

そのお仕事内容は、クライアントへの提出書類作成・送付や、会議室予約、請求関連書類などの書類作成、処理また、人事・訃報情報のチェックなどといった専門的な仕事のアシスタントから、電話応対や、電報手配などといった基本的な派遣のお仕事のように幅が非常にひろく、マスコミに関して詳しくなくても大丈夫なようです。

Copyright (C)2019派遣法の改正によって変わること.All rights reserved.