派遣法の改正によって変わること
派遣法の改正によって変わること

派遣社員として働きたいなら、本登録に気を抜かないことが大切

派遣社員として働きたい場合、派遣社員はアルバイトやパートと違って、派遣会社から正式に派遣されて、企業で働くことになるので、いわば派遣会社の顔でもあります。それゆえに、派遣社員として働きたい場合、派遣会社に本登録に行く必要があります。本登録は、働く側にとっては、ただ登録しに行くという軽い気持ちで行っている人もいるようですが、派遣会社側にとっては、この人に本当に仕事を紹介できるか、人格やスキルをチェックしている、とても重要な時間でもあることを忘れてはいけません。

本登録の際、派遣会社側は軽装で、または平装で、とあらかじめ伝えていることが多いと思います。その通りに、スニーカーやジーパン、Tシャツなどで行くと、ビジネスマナーが理解できていないと思われることがあります。本登録は会社の面接と同じと考え、男性も女性もスーツを着て行ったり、フォーマルでも通用するような服装で行くことが大切です。たとえば男性なら無地のシャツにスラックス、革靴などで、女性ならブラウスと膝丈スカートにジャケットなどを羽織って行きましょう。また髪型も特に女性は気を付けて、髪が長い人は1つに束ねるなどします。アクセサリーも最小限にするなど、第一印象が良いように努力しましょう。

オススメサイト

Copyright (C)2019派遣法の改正によって変わること.All rights reserved.