派遣法の改正によって変わること
派遣法の改正によって変わること

派遣で働きたいなら、まず派遣会社に登録しよう

アルバイトよりも時給など待遇がよく、事務職や専門職の仕事も多く、業務内容も安定しているのは派遣という働き方です。派遣社員になるには、派遣会社に登録することから始めます。派遣会社には色々なところがあり、大手の知名度の高いものから、地元密着型の小さな会社もあります。また、専門職のみを募集している会社もあれば、サービス業や製造業など幅広い業種がある会社もあります。登録する人は、まずインターネットなどから氏名や住所、学歴などのフォームを記入し、仮登録を行います。

仮登録後、派遣会社から連絡がありますので、実際に支店に行き、本登録を行います。本登録の際には、パソコンのスキルを見られることが多いので、もしパソコンを使った事務職を希望している場合は、エクセル・ワードとタイピングテストがありますので、家で練習しておくと良いでしょう。他に、一般常識として職場でよく使う漢字や算数などの筆記試験があることもあります。意外とどの会社にもあるのは、封書の書き方です。縦書きの封書の書き方がきちんとできているかを見られることがあります。どれも正答率が悪くても、本登録が出来ない訳ではありませんが、ある程度の知識をもって派遣社員となれることを考慮しなければなりません。

Copyright (C)2019派遣法の改正によって変わること.All rights reserved.