派遣法の改正によって変わること
派遣法の改正によって変わること

派遣の契約期間の終了は会社都合にすることができます

派遣の仕事は契約期間がありますが、契約期間が終了して仕事が終わってしまうことになった場合、その後に失業保険の給付を受けることがあります。この失業保険の事を考えますと、派遣の仕事が終わった時にしっかりと担当者と相談をして会社都合にしてもらうようにしましょう。ここはとても大事なポイントであり、自己都合か会社都合かによって給付のタイミングが変わってきます。会社都合だとすぐに失業保険を受け取ることが出来ますが、自己都合だと給付まで時間がかかります。

派遣会社の対応にもよりますが、基本的に一定期間仕事をして契約が終了した場合に自分から派遣会社へ連絡をしないと自己都合にされていることが多いです。ここをしっかりと主張して会社都合に変えてもらうと良いです。本当にこの差はとても大きいので覚えておきましょう。どうして会社都合になるのか?それは自分が希望している仕事を派遣会社が紹介することが出来ないという理論です。つまり、今までと同じような条件や内容の仕事をしたいと主張して、その仕事を紹介できなければ大抵は会社都合にしてくれます。

失業保険を受けるときに会社都合になるだけでかなりメリットが大きくなるのでしっかりと覚えておきましょう。

Copyright (C)2019派遣法の改正によって変わること.All rights reserved.