派遣法の改正によって変わること
派遣法の改正によって変わること

医療分析の派遣の仕事

派遣の業種の幅は広く、様々なものがあります。それに比べて、職種は、オフィスでの事務、特に経理などが未だに多く、やはりそれなりに偏りはあるのが現状です。ですが、今回は技術系で、こういった仕事内容もあるんだということを紹介したいと思います。それが、医療分析の派遣でのお仕事です。医薬品のメーカーなどで、募集されている派遣のお仕事でそのようなものがあります。それらの主な仕事内容はというとメーカーで作られている医薬品製品の原料・材料・中間体などの分析、また、その製品の分析や、残留溶媒の分析などの他に、含量試験、溶出試験などといった技術系、理系の仕事が主になってきます。もちろんそれらの研究、分析や試験の報告書の作成、試験記録書のチェックなどといった基本的な仕事も付随してくるようです。こういった仕事は、責任が重いので、時給換算しても割高なものが多く、月収は25万以上などと高めです。

ただ、このような仕事の対象とされる方はHPLCの実務経験がある方に限定されていたりと、やはり、敷居が少々高いようにも感じられます。そういった仕事を以前やっていた第二新卒の方には絶好のチャンスになってくるかもしれないですね。

Copyright (C)2019派遣法の改正によって変わること.All rights reserved.