派遣法の改正によって変わること
派遣法の改正によって変わること

派遣ではスキルアップだけではなく、担当営業ともよい関係を保つ

派遣として登録し待機している人たちに、企業から仕事を持ってきてくれるのが派遣会社の営業です。その営業は「担当者」「担当営業」と呼ばれ、その仕事が終了するまで、派遣社員と派遣先企業との間に立ち、案内や双方の相談に乗ったり双方の問題の解決などをしてくれます。仕事の紹介もその担当営業から来ることが多いです。担当営業は仕事を取ってきた企業と派遣会社間の、今後を含めた維持を考えます。そのことから、派遣する社員を、まずは企業先から求められるスキルで選びます。しかし該当する人が多かった場合は、細かな条件が他にもありますが、今までの実績などからも当然選んでいきます。なるべく良好な実績があった人を多く連れて行き、企業先から今後に繋がる信頼を得たいからです。

そういったことから、他の企業から再度来てほしいと要請を受けたことのある人や、担当として受けた印象のよかった人など、企業先から評価のよかった人などをまず選ぶそうです。となると派遣社員として、企業先との関係を良好にするのは当然としても、次からの仕事の紹介について考えるのなら、まずは派遣会社のよく仕事を回してくれる営業の方との関係を、良好にしておかなければならないとわかると思います。

営業の方の心象のために企業先との関係を良好に保つ、といってもあながち過言ではありません。気が楽だろうとか無責任と捉えられがちな派遣社員は、実はそういった意味でも結構な気配りが求められる就労形態です。

オススメサイト

  • ご希望にあったMRの転職を応援、相談は無料です。

Copyright (C)2019派遣法の改正によって変わること.All rights reserved.