派遣法の改正によって変わること
派遣法の改正によって変わること

派遣元会社からも派遣先企業からも信頼されることが大切

派遣社員とは派遣会社に登録し、派遣会社の営業が企業から取り付けてくる仕事を紹介してもらう就労方法です。そのため、昔は即戦力になれることが求められていて、実務経験が3年なければ登録ができないほど厳しいものでした。さらにそこから自分の持っている資格や、PC操作の実技などのテストを受けて「スキル登録」というものをし、その情報を元に派遣会社が派遣社員を求める企業とのマッチングを行い、その派遣先企業の担当である派遣会社の営業者が、派遣社員を派遣先の企業に連れて行くというのが派遣の大体のあり方です。

派遣社員がどの程度働けて、企業先からどのくらい評価を受けるかということは派遣会社にとって大きな問題です。その評価が派遣会社への評価となっているからです。今でも派遣社員を雇う会社には大企業と呼ばれる会社が多く、その中でも本社勤務なども多いです。派遣会社はそういった企業から雇用をとりつけ、関係を維持させるためには、派遣する社員の働きによる信頼が必須です。ですからそれを理解し、派遣先企業で信頼を裏切るようなことをしない心構えが派遣社員には必要です。といっても難しいことではなく、守秘義務や契約内容を守り、無断欠勤や遅刻などは絶対にしないで派遣先の企業に迷惑をかけず、契約期間を満了すればいいだけです。

ただ、その後もまた派遣会社に仕事を紹介してほしいと考えるのならば、勉強をして資格を取ったりタイピングの速度を上げたりして、マッチングしやすい、派遣会社にとって企業へ紹介しやすい登録者となることが必要です。派遣先企業に気に入られることも、その点でも重要です。派遣社員は長期の就労契約でも、最長3年までしか同じ企業で働くことはできません。しかし3年まで契約を更新してもらうために、または「またあの人をお願いしたいのだけど。」と派遣先の担当者に言われるようになるに、やはり信頼が必要です。信頼を得られれば、同じ条件の登録者がいた場合、優先的に仕事が入ってくるようになります。どのような形態で働くにしても、信頼を獲得しようとする姿勢というのは重要です。

オススメサイト

Copyright (C)2019派遣法の改正によって変わること.All rights reserved.