派遣法の改正によって変わること
派遣法の改正によって変わること

派遣で働くメリットとデメリット

派遣で働くことには、メリットとデメリットがあります。一般的なアルバイトと比べると、時給が高いことに魅力を感じる人も多いでしょう。しかし、時給なので働いた日数しかお給料がでません。給料が時給で計算されるということは、大型連休や夏休みなど、休みが多い月は、お給料が少なくなってしまいます。正社員の場合、お給料は月給なので、連休や夏休みなど、長ければ長いほど嬉しいと思う人が多いでしょう。しかし、派遣という形態で働く人にとっては、あまり長い休みがあると次の給料がガクッと少なくなってしまうので、経済的に困ることになってしまうでしょう。

また、派遣社員にはボーナスが支給されません。以前正社員として働いた経験がある人は、ボーナス時期に寂しい気分を味わうかもしれません。このように給与の面では正社員に比べて不利なところもあります。しかし、一つの会社に縛られず、自分の得意な分野で自由に働くことができるということを魅力に感じる人は多いです。契約期間が満了するときは、次の職場に移りやすいので、さまざま職場を経験することも可能です。自分の好きな分野でスキルを磨きながら働きたいという人にとって、魅力がある働き方と言えるでしょう。

Copyright (C)2019派遣法の改正によって変わること.All rights reserved.