派遣法の改正によって変わること
派遣法の改正によって変わること

紹介予定派遣を利用して正社員になる方法

最近は、景気が少しずつ回復し、雇用も安定してきましたが、正社員の雇用の募集はまだそれほど多くはありません。そこで派遣の仕事をしながら、正社員になることを目指してみてはいかがでしょうか。紹介派遣という制度だと、ある定められた試用期間は派遣社員として働き、依頼元の会社と本人の希望があれば、正社員になることもできます。これならば、試用期間中に、依頼された仕事が自分に向いているかどうか、その会社で正社員として働いていくことができるかの見通しもつきます。

正社員として長い期間働きやすい環境であるか、会社の雰囲気、自分の適性にあっているかどうかも試用期間の間であれば、自分で考えることができるでしょう。またこの期間は、依頼元の会社にとっても、自分の会社に相応しい人間か、技術面や人間性、コミニケーション能力があるかどうかを、しっかりとチェックしています。正社員として雇用してもらうためにも頑張らなければならない期間といえるでしょう。もし、職場の雰囲気や自分の適性に合わないと思えば、契約期間満了まではしっかりと働き、期間満了後は別の仕事先を紹介してもらうこともできます。また予め自分の担当になったコーディネーターに自分がどのような仕事をしたいのか、どのような資格や技術力があるかについて伝えておくと、希望の仕事を紹介してもらいやすくなるでしょう。

Copyright (C)2019派遣法の改正によって変わること.All rights reserved.